07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

瀬戸内ぐる~り一周巡り その2

2010/05/05
さて二日目。

100505013.jpg おはよ

本日はしまなみ海道サイクリングの予定なのですが、気になる天気は・・・

晴れ(・∀・)!



                          



しまなみ海道の自転車道は全長約70kmで、このようになっています。

100505014.jpg
SHIMAPより転載

今回は今治に車を置いてあるので、戻ることを考えてこんな計画を立てました。

今治→<自転車>→因島→<高速船>→今治

さてさて、どんな一日になりますやら。


                          



というわけで、しまなみ海道サイクリング出発ですよーーー!!
100505000.jpg

1004504021.jpg
これからいよいよ自転車道に入ります。
最初は来島海峡大橋ですね。

100505001.jpg
橋に入るためにはまず上り坂を登ります。

登りきると・・・

1004504022.jpg

こーんな爽快なサイクリングが待っていますよ!

来島海峡大橋は全長4105m。
高低差もほとんどなく、景色を眺めながらスイスイ走れます。
連休ですから、人はそれなりに多いのでしょうが、道幅に余裕があるので
対向車や歩行者はほとんど気になりませんでした。

景色と風を楽しんだ後は、一旦西瀬戸自動車道からは離れて
大島を一般道で縦断します。

100505002.jpg
所々にこんな標識があるので、迷うことなく行けました。

続いては伯方大橋で、伯方の塩で有名な伯方島に渡ります。
100505003.jpg
ちょっと一休み。


渡り終わると、割りとすぐに大三島橋が出てきます。
100505004.jpg
お、吹流しが鯉のぼり!

大三島では、道の駅でちょっと早いお昼ごはんを頂きました。
100505006.jpg
レストランの前にはヒラメ、ヒラメ、ヒラメ!!

100505005.jpg 1004504030.jpg

ヒラメのから揚げ定食(左)と活き造り(右)。
から揚げは期待通りホクホクでおいしかったのですが、
いろんな意味で期待を裏切ってくれたのが活き造り。

ヒラメって「上品な白身」ってイメージじゃないですか。
これは違ったんです。
分厚く切られたせいもあるかと思うんですが、
潮の味っていうか、すごく魚らしいワイルドな味がしたんですよ。

1004504023.jpg
はるみ、せとか、たんかん、デコポン、はっさく、日向夏、ポンカン、紅甘夏、サンフルーツ・・・
外では、たくさんの種類の柑橘が売られていました。さすが瀬戸内。

100505007.jpg
次に渡る橋、多々羅大橋を望んで。


お腹いっぱいになったのでサイクリング続行です。

多田羅大橋を渡り終わると生口島に入ります。
サイクリングロードはずーっと景色の良い海沿いを走るのですが、
だんだんと雲行きが怪しくなり、ついには小雨が降り出しました。
季節が良かったので寒くはなかったのですが、多少疲れてきたこともあり
ちょっとしんどかったかな。

本日最後の橋、生口橋です。
100505009.jpg

ゆっくりと噛み締めながら橋を渡り、坂を下って一般道へ・・・




ここで、今回の旅行最大のハプニングが起きました。
振り返って橋の写真を撮ろうとしたら・・・

カメラがない!

上の写真を撮った、橋の入り口に置いてきてしまったのですΣ (゚Д゚;)

今下ったばかりの道を全体力をかけて登りましたよ、ええ。
あまりに慌てていたので、下りのときに上げたギアを下げるのを忘れて
足が攣りそうになったり・・・

カメラ、誰かに取られちゃったりしてないか?
海に落ちたりしちゃってないか?
どきどき、どきどき・・・


ありました!
橋の欄干に乗っていました・・・

100505015.jpg
カメラを発見して力が抜けたT氏

気を取り直して・・・
1004504025.jpg
因島より生口橋を振り返って。ツツジが満開です。
この旅行はスタートの藤から始まって、どこも花がきれいでしたね。


                          


しまなみ海道の終点である尾道までは、あと一つ向島が残っていますが
今回は因島までで終了です。
最初にもちょっと書きましたが、尾道まで行ってしまうと
その日中に今治まで戻るのは厳しいと考えたので。
(現在、尾道-今治間を直接つなぐ船がないんですよ)

というわけで、因島の土生港からいくつかの島を経由する快速船で今治まで帰りました。
船には部活帰りの中学生や、ちょいと買い物に行ってきたような人なんかもいて
まるでバスみたいに普通に使われているのが、不思議なような、なるほどなような。

100505010.jpg
船から建設中の橋が見えました。
さすが瀬戸内海は波が穏やか、船酔い女王の私でも全然平気でしたよ。

100505016.jpg
船を下りてから寄ってみた今治城です。
お堀に海水が引かれているのが珍しいんだとか。
(お堀に鯉じゃなくてボラが泳いでいるのは、確かにちょっと奇異でした)


100505012.jpg

この日の夕食はうどんの「かめや」で。
別に有名じゃないし、冷凍うどんだし、特にどうということのない店だったのですが
疲れた体にとても優しい味でした。


                          


いやー、憧れのしまなみ海道サイクリングはとっても楽しかったです。
最中ももちろん楽しんだのですが、今振り返るとじわじわ来ますね。

景色が美しいのはもちろんですが、自転車として整備されているだけあって
とても走りやすいんですよ。
橋の前後には必ずアップダウンがあるのですが、
登りはそれなりの自転車でしたら、立ち漕ぎ不要な勾配に抑えられていたり、
下りも無理なスピードが出ないよう設計されているんですね。
橋以外は一般道を走るのですが、段差が少ないよう作られていますし
自転車道の道幅もあるので、並走する車をあまり気にせず走れました。
(もちろん注意は必要なのですが)

自転車に乗る人、ぜひ行ってみて下さい!
普段は乗らないという人、レンタサイクルもあるそうですよ!

※しまなみ海道については、SHIMAPが詳しいです。
 特に、Q&Aのページは、橋の種類から所要時間まで、ためになる情報がいろいろ書いてありますよ。

・・・
旅行はまだまだ続きます。
次エントリーをお楽しみに。

100505017.jpg ナゼ人間は行って帰ってくるだけなんて無駄なことをするのか

スポンサーサイト
23:45 カメのいる風景 | コメント(5) | トラックバック(1)
コメント
No title
いいバイクですね。
行きたいです。

カメラを忘れるハプニングあり
さりげにT氏とラブラブのご様子。
良いGWの企画ですね。

次エントリー楽しみにしています。
No title
しまなみ街道ですか。いいですねぇ。気持ちよさそうです。
私も自転車は好きで、今は通勤を自転車にしています。こういう旅行をしてみたいですよ。
ヒラメいいなぁ。
No title
良いGWだったんですね~(^-^)食べ物がすべて美味しそうです♪サイクリングも楽しそうですね。たまにはこうやって運動するのもいいかな?カメラあって良かったですね~♪
No title
これが噂のしまなみ海道! 走りやすそうですね。
東京からだとさすがに遠いので、大阪に住んでいるうちに行っておけばよかったです(まあ、当時はママチャリにしか乗ってなかったんですが)。
いつか行きたいものです。

大量のヒラメ、最初に見た時、一匹の巨大ヒラメに見えてしまってびっくりしました。
/*コメントありがとうございます*/
>たつのさま
カメラはねえ・・・いやホントあせりました。
取りに帰るまでの時間は15分か20分だったとは思うのですが
もう、「最悪カメラはいいから中のSDだけはどうかお願い!」って唱えていましたよ。。。
カメラは買いなおせても、写真は二度と返ってこないですからね。

>ポンスケさま
ええ、すっごく気持ちよかったですよ(^^)
確かに関東からだと四国とか中国地方ってすごく遠いイメージがあるのですが
機会があったらぜひ一度いらして、体験してみてください。

>いんたげさま
自転車って、結果的には運動になっているのかもしれませんが
それより、あの爽快感がいいんです。
向かい風は死にますがw

カメラは本当によかったです。
旅行の思い出に浸れるのも、今ブログ書いていられるのも
カメラがあったおかげです。

>片岡美魁さま
勾配と道幅がちゃんと自転車向きになっているのし
車のことを気にしなくて済むというのは、大変走りやすかったです。
確かに関東からだと遥か彼方みたいな気もしますが
西国方面にいらっしゃるチャンスがあれば、ぜひ体験してみてください!



管理者のみに表示
トラックバック
10瀬戸内ぐる~り一周巡り その2連休は愛媛県にいます 地味に頑張ります。  (二葉、サイクリング、10円寿司、登泉堂 を参照)旅日記 @愛媛 その5 Fragrant Olive (大山祇神社、タオル美術館、ミカン食パン を参照)旅の記録 徒然人生 (今治プラザホテル...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。