05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

日々是勉強

2009/06/28
うーむ、PCの調子が悪い。
Windows7が出るまでもってくれ!

090627012.jpg 空芯菜はおいしいなあ


晴               晴              晴


地球温暖化の救世主、ゴーヤーズはうどんこの呪いを乗り越え、
私の背を超えました。
090627020.jpg

でも、花はまだ咲いてません。。。
朝、駅に行く途中にあるお宅のゴーヤは、2週間くらい前から
毎日花をつけているのに、です。

肥料が足らんのか、やはり土かと思っていたら
本日、つぼみを発見しました∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

090627009.jpg

ゴーヤ採れたら何にしようかなー♪
まずは定番ゴーヤチャンプルかな?
それとも塩でもんでおかかと和えて、ニガー!な風味を堪能するか。
白和えでマイルドしゃきしゃきにするのもいいね!

090627001.jpg 実がなってから考えても遅くないと思うよ


晴               晴              晴


なんだか蒸し暑くなってきたここ関西某エリア。

夜中暑くて目が覚めてしまったT氏が、ネットをさまよった挙句
Amazon.comでこんな本を買ってました。(私は熟睡してたので知りません)
090627000.jpg
カメの飼育本です。

あくびがカワイイRussian Tortoiseの方は ”A complete guide to Tetsudo”
(地中海リクガメの完全ガイド)なんだそうですよ!

著者のE.J.Pirogさんは南カリフォルニアにホルスやギリシャ、
ヘルマン、マルギナータ達と住んでるとのことです。
南カリフォルニア、確かに暖かいしカメのためにはいい所だろうなあと思って
もう一冊を見たら、飼育カメリストにケヅメとヒョウモンも加わってました。
しかもアトランタに引っ越してるし。まさかカメのために?

かどうかはわかりませんが、前書きから後書きに至るまで
とにかく、カメの全てを知って欲しい、ちゃんと飼ってほしいと
カメへの愛がひしひしと伝わってくる本です。

まおさんも自分のこと、ちゃんと勉強してくださいよー

090627004.jpg 「給餌と栄養」 ごはんのことだな

090627003.jpg 繊維、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの
バランスが大事、と。

090627002.jpg そのためにはいろんなものを食え、と。

「高繊維低蛋白がイイ!」からといってそればかりを注視するのではなく
バラエティに富んだ食餌が栄養バランスのために重要なんだそうです。
なるほどね。

090627005.jpg だからたまにはトマトも食べていいよね♪

090627032.jpg がうがうがう

090627007.jpg ふーうまかった☆

見よ! この満足そうな顔。


晴               晴              晴


ウロコつながりで魚の話。

うちの水槽には現在、2種類のベビーがいます。
一つは毎度おなじみ(?)、コリドラス・パンダの稚魚ですが
もう一種類はアフリカン・ランプアイです。

親はこんな奴ら。
090627011.jpg
ランプアイの名の通り、目が青く光るのです。

メダカの仲間で、増やし方も日本のメダカに準じる、でいいらしいんですが
産卵後3-4日で孵化するコリドラスと違って、2週間以上かかるんで
せっかく発生してもカビる卵が結構多いんですよ('A`)
しかも毎日ちょっとずつ卵産むんで卵を集めるのが大変('A`)('A`)('A`)

090627030.jpg
ウィローモスの中からこんなふうに探し出します。ってもしかして私ヒマ人?

090627010.jpg
一番上が子ランプアイ。卵も写ってますね。
同時期に生まれた子コリドラスに比べて、小さいのわかります?
こんなにちっちゃくても、生まれて数日で目が光り出すんです。

いろいろ調べたりあれこれ調整したりで紆余曲折の結果、現在3匹が育っております。
まだ産卵箱のスリットから出てしまう大きさなので、特製ネットの中で育ててますが
さてこれからどうなることやら。
ご期待しないでお付き合いくださいな。

スポンサーサイト
00:23 かめのまおさん | コメント(7) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。