07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

まおさんの通信簿

2009/08/21
我が家のゴーヤに滞在中のアマガエル。
そろそろ家に来てから2週間を超えたので、「けろたん」と名前をつけました。

ある日のけろたん
090821003.jpg
どこにいるか分かります?

別の日のけろたん
090821004.jpg
(シルエットにご注目)


ゴーヤはといいますと、成長のあまり一度肥料切れを起こして
ヘロヘロになってしまいましたが、追肥で復活中です。
現在13個収穫済み。あともうちょっとがんばれ!えい!(仮想大賞の欽ちゃんの気分)


太陽             太陽             太陽


さて、まおさんは元気です。
最近ウ●コがでっかくなったと評判です。
090821000.jpg えっへん


そんなまおさん。
我々が海上で坊主だったりアルダ達に浮気してたりの間どうしてたかと言いますと、
カメホテルにお世話になっていました。

こちらトータススタイルはリクガメ専門店、とのことで、ペットホテルももちろんリクガメ専用です。
なので、温浴1回300円とかのオプションもあるわけですが、
まおさんは風呂嫌いで絶対お店に大迷惑をかけるので、こちらのオプションはなしでお願いしました。

旅行の帰り途中、お店に寄ってまおさんを迎えにいったんですが
その際、こんなものを頂きました。

090821031.jpg

温度やら湿度やらまおさんのコンディションやらを一日数回チェックして頂いてたようです。

読んでみますと・・・
090821033.jpg

どうやら、最初の日は環境が変わったせいか落ち着かなかったようです。
ごめんねまおさん。。。

でも、次の日からはご飯もちゃんと食べてたみたいです。
全部OKキラキラを頂いてました!
飼い主としては、ほっとする通信簿でした。

090821005.jpg デリケートなんだからおいしいものちょうだい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょっと前になりますが、こんなニュース記事を見つけました。
JFK国際空港の滑走路、カメが占拠

もうちょっと詳しい記事はコチラ。
Turtles Invade JFK Airport Tarmac

ダイヤモンドガメはダイヤモンドバックテラピンのことです。
2番目のリンクの写真、ダイヤモンドバックテラピンじゃなくて
アメハコだろうよと突っ込みたくなりましたが、まあ勘弁してやりましょう。

調べてみたら、ダイヤモンドバックテラピンって汽水域にも住むカメで、
産卵期に陸に上がってくることはあるみたいですね。
JFK空港でも年に何回かカメが出るそうですが、飛行機が遅れたのは初めてだとか。

もし自分がいるところでこんなことが起きたら、制止を振り切ってカメを拾いに行っちゃいそうなwww


スポンサーサイト
23:35 かめのまおさん | コメント(9) | トラックバック(0)

梅雨明け前の夏休み 完結編

2009/08/16
ここ一週間ほど、我が家のゴーヤに連泊中のお客さん。
090816023.jpg

もうね、すっごいかわいいんですよ!!!
目なんてくりっくりだし、お肌ツヤツヤツルツルだし、
昨日はゴーヤのてっぺん、今日は鉢の陰と、ここかと思えばまたまたあちら♪って感じで
神鬼出没なところもまた、たまらない!

・・・とカエルちゃんについて語りだすと1エントリーくらい食いそうなんで、今日の本題いきますです。


さとと-スイカ            さとと-スイカ             さとと-スイカ


夏休み話前回(前々エントリー)
>そんなこんなで、日に焼けて白浜からの帰途、我らが見たものは・・・(以下待て次号!)

我々が見たものは・・・

090816020.jpg
ばばーん
アルダブラゾウガメでございます。


高速降りてどこかの動物園に立ち寄ったんじゃありません。
なんと、高速道路のパーキングエリアに水族館があるんです!!

それがここ、東海北陸道の川島PA。
併設されたハイウェイオアシスに、木曽川にちなんだ「河川環境楽園」という公園がありまして、
その中に「アクア・トトぎふ」という”世界最大級の淡水魚水族館”があるのです。
 
090816000.jpg
なぜかハイウェイオアシスによくある観覧車

090816001.jpg


ゾウガメが淡水とどう関係あるのかはおいといて、
ここには3匹のアルダブラゾウガメが住んでます。

090816002.jpg
さっきの卍切って寝てた子は「デコちゃん」のようです。

090816003.jpg
あああ土日に来ればエサやり体験があったのか・・・

この日はすごく晴れて暑かったので、3匹とも日陰でお休みでした。
090816004.jpg
こちらはキャンディちゃん

次のコーナーでは、カピパラがプールで涼んでました。
やっぱり暑いんだね。。。
090816006.jpg


この後、エレベーターで4Fに上がって館内を見学します。
構成としては、木曽川を上流から下流に下って行きますよというコンセプトです。
090816007.jpg

日本の淡水魚って地味で、いまいち面白みに欠けるって方もいらっしゃると思いますが
ここは展示に工夫をこらしてあって、興味を持って見ることができました。

090816008.jpg
小さなイモリ!
ご覧のように開放感ある展示が多く、植物もイキイキとしていて、ガラスもピカピカに磨いてあり
かなり展示のコンディションに気を使ってるのが分かります。

090816009.jpg
なんだこのやろ

090816010.jpg
ここはコドモの来るところじゃねえぜ
(オオサンショウウオは写真に撮れず残念)

下流にまで下ってくると、こんな水槽があります。
090816011.jpg
外の様子が見えるんですね。
コイとかウグイやらが太陽光の元、気持ち良さそうに泳ぐ中・・・

090816030.jpg
よーく見ると、クサカメが!


さとと-スイカ            さとと-スイカ             さとと-スイカ


このあと世界の淡水ゾーンに入ります。
090816013.jpg
迫力の大水槽

090816014.jpg
キュートなヌマヨコクビガメ

090816015.jpg
コチラもキュートなアカメフグ

090816024.jpg
またまたマタマタ


090816016.jpg
笑うハイギョ

090816025.jpg
頭隠して尻隠さず

ご紹介した写真はほんの一部ですが、淡水だけでもこんなに充実するんだ!と関心しきりでした。

海獣ショーもあります。(海なのは突っ込まないこと)

090816017.jpg
ステージがこじんまりとしてアットホームなのがいいですね。

しかも、ショーの後観覧席までやってきてご挨拶!
090816018.jpg

締めにもう一度ゾウガメを見て、
090816019.jpg
あぢいんだよう

園内を散策し
090816021.jpg

フレッシュフルーツ入りのソフトクリームを食べ、
090816022.jpg
手前が静岡産クラウンメロン、奥が奥美濃産ブルーベリー。(メロンジューシーでおいしかった!)

京都過ぎたあたりから少々渋滞に巻き込まれつつも
無事まおさんを受け取り、帰ってまいりました~
往復1300km余の旅はこれにて終了。

090816027.jpg ぼくの出番が全然ないって文句がきたよ

・・はいはい、次はまおさんの記事書きますよー
まおさんファンの方お楽しみに!

〈今回の教訓〉 ブヨに刺されると半端じゃなくカユイ。
水がきれいなところに行くときは気をつけるべし!!!

12:14 いきもののいる風景 | コメント(8) | トラックバック(0)

【緊急企画】今明かされる、自動水遣りシステムの全て

2009/08/11
昨日アップしたエントリー内容の「全自動水遣りシステム」について
各方面より絶賛問い合わせを一件受けましたので、
約一ヶ月に及ぶ試行錯誤の成果を今ここに大公開!!!ばばーん!

090810009.jpg そんなおおげさなもんじゃないだろうよ

うちの場合、真夏に5,6日は家を開けることが分かっていたので、
その間植木をどうするかは頭の痛い問題でした。
特にこいつ。
090810000.jpg

葉っぱが無駄に多いので、毎日朝晩水をやらなきゃいけないし。。。
かと言って人に頼むわけにもいかないし。。。

てなわけで、目標一週間!の全自動水遣りシステム開発に着手したわけです。


①水遣りキャップ

まず試してみたのがこれ。
090810006.jpg

100均で買ってきた「ペットボトル再利用水遣りキャップ」です。
こんな風に穴が開いていて、ここから空気が入り、水が出るわけですね。

090810002.jpg

ペットボトルに水を入れてキャップを閉め、逆さにして土に刺すだけ、なのですが。

水出ねーよ!ヽ(`Д´)ノウワァァン!!


なのでちょっと穴を広げてみたら・・・

水がダバダバ出過ぎで、あっという間にペットボトルが空になっちまったよ!ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

100均だからいけなかったのか、このシステムそのものが
原理的にうまくいかないのかはわかりませんが、とにかくボツ。


②水やり当番
ホームセンターに行くと、いろいろな水遣りグッズが売っています。
先のペットボトルキャップから、10000円以上するタイマー付きの電動水遣りシステムまで。

その中から我々がチョイスしたのがこれ。
090810010.jpg
最終的にこれを使うことになりました。
近所のホームセンターでは、\480で売っていました。一箱に2つ入っています。

中身はこんなで、
090810003.jpg

分解するとこんな感じ。
090810004.jpg

曰く「素焼き部分から毛細現象で、水が染み出て土を潤します」
090810007.jpg

使い方は裏に書いてある通りで、容器に入れた水が管→素焼き部分を通じて
水が出てくるという単純なものなのですが、いろいろ実験した結果
使い方にいくつかコツがあることがわかりました。

〈コツその1〉 呼び水はしっかりと
原理を見ればお分かりのように、途中で空気が噛むと使い物にならないので
しっかり管に水を通しておく必要があります。
単に管を水に浸しておいただけでは空気が抜けないので、私は端から口で水を吸って満たしました。


〈コツその2〉 容器の位置
最初、鉢の上に2Lのペットボトルを置いて管をいれ、土に刺したのですが
そうするとサイフォンがかかるため、一日もしないうちに水が全部出てしまうんですよ。。。
これじゃ一週間もたないじゃん!(´・ω・`)

いろいろ試した結果、鉢(正確には土面)より下に水面が来るようにすることで
サイフォンがかかることなく、いい塩梅で水が染み出していくことを発見しました。
(当然低すぎると、表面張力より重力が勝ってしまうので水は出なくなります)


〈コツその3〉 容器の大きさ
一週間ですから、そこそこ大きな容器がいるわけです。
最初ペットボトルを考えたんですが、これだと鉢の横に置いても
上のほうはサイフォンがかかってしまうので調整が難しいんですよね。

というわけで、推奨はできるだけ大きく、高さが低いもの。
場所さえあれば、タライとか最高だと思います。(ただし、蒸発防止のフタが必要)
うちでは、100均の容器を使いました。計算上7L入ります。
090810001.jpg


〈コツその4〉 管の固定

パッケージの状態では本体に管が巻かれているので、管はくるんくるんしています。
管端が持ち上がってしまわないよう、重りがあったほうがいいと思います。
うちではスプーンをくくりつけて使いました。
090810005.jpg


〈コツその5〉 刺す位置
鉢より下に容器を設置した場合、水は素焼き部周囲にしか行かないので
植物の近くに差したほうがいいと思います。


というわけで、セッティングするとこんな感じになります。
090809010.jpg

ご覧のように、土の表面にワラを敷いてあります。
土の表面からの蒸発を防ぐだけでも、だいぶ水の持ちがちがいますよ(・∀・)b

あと、素焼き部分は使っているうちに徐々に詰まってくるみたいなんで
あんまり前から準備しすぎると、肝心の家を空けるときに
「水が出てこねぇΣ(゚д゚lll)ガーン」ということになりますので注意(うちがそうでしたorz)
詰まったら、ハイターの類を薄めた液に一晩位漬けて、
よーくすすげばまた使えますけど。

最後に。
植物、土の状態によって水の出方は変わると思うんで
できたら数日間テストしてから本番に臨むことをお勧めします~

てな感じで号外版でした。
次は夏休み旅行の続き書く予定ですよ。(いつになることやら)
07:41 いきもののいる風景 | コメント(7) | トラックバック(0)

梅雨明け前の夏休み

2009/08/09
蒸し暑い日が続く中、我が家で一番元気なのがゴーヤ。
090809030.jpg
もっさもっさ

090809014.jpg
(二番目はまおさん)

実も続々なってます。
今日で11本目収穫~♪
090809012.jpg

ゴーヤチャンプルーやらゴーヤスムージーやらにして楽しんでます。
090809011.jpg
ミントシェイクみたいなきれいな色だけど、味はやっぱり苦い~です。

ところで。
前々エントリーで、「千疋屋なみのたっかいゴーヤ」みたいなこと書きましたが
実際いくらくらいなのか、計算してみました。

願いましては苗150円4本な~り~、土298円2袋な~り~、、、、

チーン

   。 。
  / / ポーン!
( Д )


4460円!(人件費含まず) 

ということは一本あたり405円!!!
うどんこの薬剤と、自動水遣りシステム構築が大きかった。。。


浮き輪            浮き輪            浮き輪


ま、この水遣りシステムのおかげで、ゴーヤの心配をせずに
一週間近く家を空けられるようになったのです。
090809010.jpg
長年の研究の成果(ウソ)←研究結果の詳細は次エントリーで


というわけで行ってきたのがちょっと早い夏休み@安房白浜は房総半島最南端。
まおさんは預けてコチラも安心。

朝、夜明け前に関西某市の家を出て、愛車(ボロ車とも言う)Q号にてひたすら東へ東へ。
早めに出たのが功を奏して、ほとんど渋滞に巻き込まれることなく
昼過ぎには川崎に着きました。

川崎からは東京湾アクアライン経由で千葉県入りしました。
通るまで知らなかったんですが、千葉県知事がどうとか言ったとかで、
アクアラインの料金が800円になってたんですね。
その昔、4000円くらい払って乗った気がするんですが・・・。

090809001.jpg
海ほたるにて魚に食われる

090809002.jpg  090809003.jpg
東京湾の真ん中で江戸前寿司、コハダと漬けマクロを頂く

夕方前には無事白浜に到着し、明日以降に備えて早寝です。


浮き輪            浮き輪            浮き輪


そして朝。モーターボートにのって、二日間朝から晩まで釣り三昧。
シミソバカスなんのその!

090809006.jpg
今回の最大サイズ、ウマヅラハギ

090809004.jpg
サメを釣り上げてしょっぱい表情のうちの父親

090809005.jpg
カワハギを釣り上げて大喜びのT氏
そのほかキスたくさん、コチなどが釣れました。

釣った魚は夕飯のオカズ。小魚は捌くのが面倒なので天ぷらサイコーw
090809007.jpg


カワハギ(奥)とウマヅラハギ(手前)
090809008.jpg
同じような顔をしてるのに、肉質は全然違ってて、カワハギの方がうまみあり。

鯛            鯛            鯛 

海の上で1時間以上も大雨に降られたり、2日目は半日ボウズだったり
手足の10箇所以上も怪しげな虫に刺されてヒドイ目に会ったり(後でブヨと判明)と
それなりにいろいろありつつも、おいしい魚とビールとスパークリングワインと昼間の疲れで
毎日全員10時即就寝という、小学生のような夏休みを堪能したのでした。

そんなこんなで、日に焼けて白浜からの帰途、我らが見たものは・・・(以下待て次号!)

22:44 いきもののいる風景 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。