08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ハナシの話 第2章

2009/09/01
先月の電気代が、昨年同時期の2/3でした。
やはり涼しかったんですね。てか去年が暑すぎ('A`)

夜はひんやり、セミの声は徐々に秋の虫にバトンタッチしつつある、そんな9月。

090901006.jpg

背中の模様がサンタさんっぽいけろたん、夜行性。
昼間は、葉の影でこんなふうにじっとしています。
(白い壁の上じゃ、あんまりカモフラージュされてない気もしますが・・・?)


たぬきち             たぬきち             たぬきち


さて。

前にも書いたことがあるのですが、カメには歯がありません。 
代わりに、硬いくちばしを持っています。

このくちばし、消耗品だそうでだんだん伸びてきます。
ホシガメやケヅメでは伸びすぎてる子はあまり見ませんが、
ホルスとかヘルマンといった地中海系では、鳥みたいになっちゃってる子もいますね。

さて、我が家のまおさんのくちばしはどうかというと
やはり徐々に伸びてきていました。
090901007.jpg そお?


夏は野草メインだし、採ってきたままどーんとやっているので(刻むの面倒だし)
柔らかい餌ばかりやってる、というつもりはなかったんですが
カトルボーンも牡蠣殻も、かじるどころかケージのオブジェにしかならないし、
何より、自然での食餌に比べたら、小松菜やちょっとした野草の繊維なんて
全然とるに足らんってことなのでしょう。
ま、食べるのに不都合はなさそうなんでそのままにしていたわけですが。

先日トータススタイルにまおさんを預けに行ったときに、健康チェックをしていた店員さんに
「クチバシ伸びてますけど何食べさせてます?」って聞かれたんですよね。
というわけで最近、ちょっと気にはなっていました。


カメホテルから帰ってきて、数日たったある日。

いつものように、朝まおさんをベランダに出そうとしたときに
クチバシが欠けているのを発見しました。
090901031.jpg

「あれま」と思いつつ、ちょっとだったんでそのままにしておいたんです。


そしてまた数日後。
090901000.jpg

あれ?欠けが広がってる!
しかもこうなると、クチバシの伸びがかなり気になります。

躊躇しましたが、思い切ってクチバシを切ってみることにしました。
今回使ったのは人間用の爪切りです。
090901001.jpg いやーん


結果。
090901030.jpg

やればできるもんです。
当然まおさんは嫌がって大抵抗しましたが、甲羅に閉じこもってしまうこともなく
その後ご褒美として出した桃で機嫌を直したようでした。
爪切りは挟んじゃえば動かない分、リューターやヤスリを使うより楽な気がします。

とは言っても、まだ結構段差がありますね。

090901003.jpg
観察した感じでは、食べるのに支障はないようですが
場合によってはもうちょっと整形が必要かもしれません。


090901005.jpg 早く治るといいね


スポンサーサイト
23:52 かめのまおさん | コメント(11) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。