03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「学ぶ」は「まねぶ」

2010/04/09
春ですねー。
というわけで、近所をお花見散歩。
(近所でのお花見はゆっくり見られるのがいいですね)

100409004.jpg 100409002.jpg


この春から新しい環境に移った方もいらっしゃるでしょう。
新しいことを始めた方もいらっしゃるでしょう。

私は。。。会社で席替えをしたくらいかなあ。
あ、まおさんの風呂を新調しました(・∀・)

100409001.jpg 足を伸ばしてのーびのび

・・・ってもすぐに「出る~出る~」って暴れだすんですがorz


                            


さて本日の話題。
とある研究についてです。

カメは生れ落ちたときから一匹で生きなければなりません。
人間やその他社会性を持つ生き物とは違って、卵から出た後については
誰も何も教えてくれないので、自分で生きる術を学ぶ必要があるわけですよ。

100409000.jpg 唯・我・独・尊

そんなGoing my wayな彼らに「謙虚に他人から学ぶ」気持ちはあるのか。

この疑問に対して、興味深い記事がありました。
アカアシガメでの実験だそうです。(英語)

実験の様子、動画はこちら。


カメに対して、網でできた仕切り(障害物)の向こうにイチゴをおきます。
カメには見えるし匂いもするけど、仕切りが邪魔して近づけないので
食べるためには「仕切りの横から回り込む」ということを思いつく必要があります。
何回かトライするものの、結局カメ達は最後まで気付けなかったそうです。

そこで、うち一匹を訓練した結果、彼は網をよけて回り込み
イチゴに到達することを覚えました。

さて、横から回り込んでエサを食べるのを見たほかの個体は・・・
(ビデオでは後ろのカゴから見ているようです)

なんと、一番の個体は見てすぐ、最後の個体も何度かのトライのあと回り込むことを覚え、
イチゴをゲットできたそうです。
最初の実験では、誰もイチゴにたどりつかなかったわけですから
他のカメのエサのとり方を見て、真似て学んだってことになりますよね。
他人に興味ない振りしてちゃんと見てるんじゃんw


                            


以前ご紹介したまおさんの動画で、
五右衛門(おもちゃのカメ)が頭を上下させるのを見たまおさんが
同じように頭を上下させるシーンがあったのですが
もしかして「エサがあるの?」って五右衛門の動きを真似してたのかなあー
なんてちょっと妄想してみたり(*´∀`)

100409005.jpg もうゴエモンにはだまされないぞ


#他のカメに対して「なんだこのやろお」のときにも首を振るらしいので、
こっちかもしれませんがね・・・

#研究の内容もさることながら、8匹も研究に使える環境にちょっと裏山(*´Д`)ハァハァ
 うち一匹は研究者のペットだったらしいですよ ( ´∀`)σ)∀`)ヤッパリカメガスキナノネ

スポンサーサイト
22:09 かめのまおさん | コメント(9) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。