07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【緊急企画】今明かされる、自動水遣りシステムの全て

2009/08/11
昨日アップしたエントリー内容の「全自動水遣りシステム」について
各方面より絶賛問い合わせを一件受けましたので、
約一ヶ月に及ぶ試行錯誤の成果を今ここに大公開!!!ばばーん!

090810009.jpg そんなおおげさなもんじゃないだろうよ

うちの場合、真夏に5,6日は家を開けることが分かっていたので、
その間植木をどうするかは頭の痛い問題でした。
特にこいつ。
090810000.jpg

葉っぱが無駄に多いので、毎日朝晩水をやらなきゃいけないし。。。
かと言って人に頼むわけにもいかないし。。。

てなわけで、目標一週間!の全自動水遣りシステム開発に着手したわけです。


①水遣りキャップ

まず試してみたのがこれ。
090810006.jpg

100均で買ってきた「ペットボトル再利用水遣りキャップ」です。
こんな風に穴が開いていて、ここから空気が入り、水が出るわけですね。

090810002.jpg

ペットボトルに水を入れてキャップを閉め、逆さにして土に刺すだけ、なのですが。

水出ねーよ!ヽ(`Д´)ノウワァァン!!


なのでちょっと穴を広げてみたら・・・

水がダバダバ出過ぎで、あっという間にペットボトルが空になっちまったよ!ヽ(`Д´)ノウワァァン!!

100均だからいけなかったのか、このシステムそのものが
原理的にうまくいかないのかはわかりませんが、とにかくボツ。


②水やり当番
ホームセンターに行くと、いろいろな水遣りグッズが売っています。
先のペットボトルキャップから、10000円以上するタイマー付きの電動水遣りシステムまで。

その中から我々がチョイスしたのがこれ。
090810010.jpg
最終的にこれを使うことになりました。
近所のホームセンターでは、\480で売っていました。一箱に2つ入っています。

中身はこんなで、
090810003.jpg

分解するとこんな感じ。
090810004.jpg

曰く「素焼き部分から毛細現象で、水が染み出て土を潤します」
090810007.jpg

使い方は裏に書いてある通りで、容器に入れた水が管→素焼き部分を通じて
水が出てくるという単純なものなのですが、いろいろ実験した結果
使い方にいくつかコツがあることがわかりました。

〈コツその1〉 呼び水はしっかりと
原理を見ればお分かりのように、途中で空気が噛むと使い物にならないので
しっかり管に水を通しておく必要があります。
単に管を水に浸しておいただけでは空気が抜けないので、私は端から口で水を吸って満たしました。


〈コツその2〉 容器の位置
最初、鉢の上に2Lのペットボトルを置いて管をいれ、土に刺したのですが
そうするとサイフォンがかかるため、一日もしないうちに水が全部出てしまうんですよ。。。
これじゃ一週間もたないじゃん!(´・ω・`)

いろいろ試した結果、鉢(正確には土面)より下に水面が来るようにすることで
サイフォンがかかることなく、いい塩梅で水が染み出していくことを発見しました。
(当然低すぎると、表面張力より重力が勝ってしまうので水は出なくなります)


〈コツその3〉 容器の大きさ
一週間ですから、そこそこ大きな容器がいるわけです。
最初ペットボトルを考えたんですが、これだと鉢の横に置いても
上のほうはサイフォンがかかってしまうので調整が難しいんですよね。

というわけで、推奨はできるだけ大きく、高さが低いもの。
場所さえあれば、タライとか最高だと思います。(ただし、蒸発防止のフタが必要)
うちでは、100均の容器を使いました。計算上7L入ります。
090810001.jpg


〈コツその4〉 管の固定

パッケージの状態では本体に管が巻かれているので、管はくるんくるんしています。
管端が持ち上がってしまわないよう、重りがあったほうがいいと思います。
うちではスプーンをくくりつけて使いました。
090810005.jpg


〈コツその5〉 刺す位置
鉢より下に容器を設置した場合、水は素焼き部周囲にしか行かないので
植物の近くに差したほうがいいと思います。


というわけで、セッティングするとこんな感じになります。
090809010.jpg

ご覧のように、土の表面にワラを敷いてあります。
土の表面からの蒸発を防ぐだけでも、だいぶ水の持ちがちがいますよ(・∀・)b

あと、素焼き部分は使っているうちに徐々に詰まってくるみたいなんで
あんまり前から準備しすぎると、肝心の家を空けるときに
「水が出てこねぇΣ(゚д゚lll)ガーン」ということになりますので注意(うちがそうでしたorz)
詰まったら、ハイターの類を薄めた液に一晩位漬けて、
よーくすすげばまた使えますけど。

最後に。
植物、土の状態によって水の出方は変わると思うんで
できたら数日間テストしてから本番に臨むことをお勧めします~

てな感じで号外版でした。
次は夏休み旅行の続き書く予定ですよ。(いつになることやら)
スポンサーサイト
07:41 いきもののいる風景 | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
No title
なるほどー、実は私も昨日水やり当番をネットで注文したんですよ。いろいろとコツがあるようですね。参考にさせていただきます。
すごいですね
すごいですね。
うちは、どこにも出かけないので水やりは心配いりません。

それどころか、豪雨のせいで、事件(?)が起きました。
中吉ちゃんの家になっている衣装ケースの水が、
あふれ出て、中吉ちゃんが外に出ちゃったんです。
でも、囲いをしていたので脱走は免ました。
だから、階段をつけてあげました。
これで安心です。。。。。。
No title
ゴーヤくんたち日陰にめっちゃ貢献してますねー。
自動水遣りシステム凄いですね!まおさんにもゴーヤくんたちにもたっぷり愛情そそがれているのがよくわかります。
夏休みのご旅行満喫してください!!
No title
おー、スゴイですね!
「全自動水遣りシステム」ですか。
私は家を長期間空ける予定はありませんが、今後マネさせていただきまーす(^^)
 
ゴーヤ、いっぱい実っているのですね。
いいなー。
我が家は現在4個実になりつつあります。
まだまだ小さいですが。
/*コメントありがとうございます*/
>ポンスケさま
参考になったらうれしいです。
留守中の水やり、うまくいきますように。

>なつみさま
中吉ちゃん脱走ですか(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
保護されたとのことよかったですね。
カメの脱走って結構多いらしいですから
これからも気をつけてくださいねー。

>トメハルさま
ゴーヤすごいです。
確かに日陰はひんやりしてます。
日を遮って、二酸化炭素ガンガン吸収して
どこぞのエコカーより優秀ですよ!

>ななちゃんさま
ゴーヤ実ったのですね!おめでとうございます。
これから挽回してたくさん実るといいですね。

ななちゃんもゴーヤ食べてくれないとのことなんで
実は人間でたっぷり楽しみましょう!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。