09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ハナシの話 第2章

2009/09/01
先月の電気代が、昨年同時期の2/3でした。
やはり涼しかったんですね。てか去年が暑すぎ('A`)

夜はひんやり、セミの声は徐々に秋の虫にバトンタッチしつつある、そんな9月。

090901006.jpg

背中の模様がサンタさんっぽいけろたん、夜行性。
昼間は、葉の影でこんなふうにじっとしています。
(白い壁の上じゃ、あんまりカモフラージュされてない気もしますが・・・?)


たぬきち             たぬきち             たぬきち


さて。

前にも書いたことがあるのですが、カメには歯がありません。 
代わりに、硬いくちばしを持っています。

このくちばし、消耗品だそうでだんだん伸びてきます。
ホシガメやケヅメでは伸びすぎてる子はあまり見ませんが、
ホルスとかヘルマンといった地中海系では、鳥みたいになっちゃってる子もいますね。

さて、我が家のまおさんのくちばしはどうかというと
やはり徐々に伸びてきていました。
090901007.jpg そお?


夏は野草メインだし、採ってきたままどーんとやっているので(刻むの面倒だし)
柔らかい餌ばかりやってる、というつもりはなかったんですが
カトルボーンも牡蠣殻も、かじるどころかケージのオブジェにしかならないし、
何より、自然での食餌に比べたら、小松菜やちょっとした野草の繊維なんて
全然とるに足らんってことなのでしょう。
ま、食べるのに不都合はなさそうなんでそのままにしていたわけですが。

先日トータススタイルにまおさんを預けに行ったときに、健康チェックをしていた店員さんに
「クチバシ伸びてますけど何食べさせてます?」って聞かれたんですよね。
というわけで最近、ちょっと気にはなっていました。


カメホテルから帰ってきて、数日たったある日。

いつものように、朝まおさんをベランダに出そうとしたときに
クチバシが欠けているのを発見しました。
090901031.jpg

「あれま」と思いつつ、ちょっとだったんでそのままにしておいたんです。


そしてまた数日後。
090901000.jpg

あれ?欠けが広がってる!
しかもこうなると、クチバシの伸びがかなり気になります。

躊躇しましたが、思い切ってクチバシを切ってみることにしました。
今回使ったのは人間用の爪切りです。
090901001.jpg いやーん


結果。
090901030.jpg

やればできるもんです。
当然まおさんは嫌がって大抵抗しましたが、甲羅に閉じこもってしまうこともなく
その後ご褒美として出した桃で機嫌を直したようでした。
爪切りは挟んじゃえば動かない分、リューターやヤスリを使うより楽な気がします。

とは言っても、まだ結構段差がありますね。

090901003.jpg
観察した感じでは、食べるのに支障はないようですが
場合によってはもうちょっと整形が必要かもしれません。


090901005.jpg 早く治るといいね


スポンサーサイト
23:52 かめのまおさん | コメント(11) | トラックバック(0)
コメント
おだいじに、、、
まおさんもくちばしが伸びちゃったんですね、、、、、、、
何か、まえに「カメの家庭医学」という本で、もう大変になってるのをみました。
大事にいたらなくて何よりです。
おだいじに。。。。。。

私はリクガメについてほとんど何も知らないんですが、いつか飼ってみたいんです!!
だから、少しずつカメの本読んで勉強してるんです。
(他にもやらなくちゃいけないことが山ほどあるのに、、、、、、)

最後にもう一度、まおさんお大事に。。。。
No title
まおさん欠けてるくちばしを見るとすっごいことになってますねぇ。爪きりって案外よく切れるのね(くちばしが案外柔らかめなのかな)
うちの亀は以前病気かもと思って専門の獣医さんつれてった時に、ついでにくちばしを見てもらったら「まだ大丈夫」と言われました。
うちの亀もカトルボーン食べないので、人参や大根のへた部分を切らずに食べさせてくちばし磨き(削り?)にならないかなぁと思っています。いい方法捜索中です。
まおさん、お大事に。

No title
うちのしゃっくさんもカトルボーンを囓ってくれないので、徐々に嘴が長くなってきています。ゆーさんと同じで柔らかい物ばかりあげているとは思えないのですが、仕方ないですね。私は自分で嘴を切るのが怖いので、病院に行ったときに切って貰おうと思っています。
そ~なんですよ
嘴のびちゃいますよね~。リクちんもそぅです。
最近ますますパンチ&キック力が強いので、
嘴切りは避けて通りたいイベントです・・・・
ウチはニッパーを使います。
下の嘴はさすがに動物病院でウサギ用スクリューで削ります。
あまりしつこくトライすると、威嚇するんですヨ・・・がうって。
No title
まおさん結構嘴伸びてたんですね。切ると違いがはっきりわかります。男前になりましたね♪

エキモフは刻んだトマトが好きな偏食カメなので、嘴の伸びには警戒したいところです。自分で切るのはエキモフの抵抗を考えると恐いので、カトルボーンを食べ続けてくれることを願うばかりです。

そしてゴーヤの葉陰のけろたん、可愛い!
爪きり!
爪きりだと安全でいいかもですね!ニッパでしかやった事なかったですゎ~(爪切っただけですが
うちのカメ達は外だしっぱなので草と一緒に石やら砂やら固いものを一緒に噛んでるみたいで変に伸びてはいませんねぇ。カトルボーンとかは見向きもしないのでこのまま石でもかじってくれれば安心なのですがぁ(´ω`)まおさんも貝殻とか軽石とか効くかも?
/*コメントありがとうございます*/
>なつみさま
「カメディカ」にもクチバシ伸びちゃった子の写真が載ってますね。
あんなに伸びちゃうとご飯食べづらそうですね。
ま、まおさんの場合クチバシが欠けたと言っても
血が出たわけではないし、今、少々見た目が悪いだけなんで大丈夫です。

リクガメ、かわいいですよ!いつか飼ってみてください。

>トメハルさま
クチバシは、親指の爪を切ってるような感触でした。
余計な力をかけないためにも、「よく切れる爪きり」は重要だと思います。

食べ物で磨耗させるのって、なかなか難しいですよね。
うちでもオクラのヘタをやったりしてますが、なかなか・・・ね。

>ポンスケさま
しゃっくさんも伸びちゃうんですね。
やっぱりエサだけじゃダメなんですかね・・・
しゃっくさんほど大きいと、つかんでるのも大変だし、
腕の力もすごいでしょうから、プロにお願いした方がいいかもしれないですね。

>akiechinさま
下クチバシも削るんですか?!
それは素人には無理だ・・・
人間と違って、カメには説明できないから
怖くて威嚇しちゃうのもしょうがないとは思いつつ
嫌われちゃうのは嫌ですよねー。

>片岡美魁さま
まおさん男前になりました?
欠けたところの大きさを考えると
本当はもうちょっと切りたいところなんですが
ま、ぼちぼちやっていこうと思います。
エキモフちゃんはカトルボーン齧る子で大変うらやましいですよー。

>福助の主人さま
ありがたいことに、まおさんの場合爪切りはいらないんですよ。
レンガで勝手にいい感じに削るんでw
ケヅメの爪きりは大変そうですね。

まおさんは残念ながら貝殻や石は齧らないんですよ。
今までいろいろ置いてみたんですけどね。。。
No title
爪きりでくちばし、いけちゃうんですか!
カメさんはくちばしや爪切る時、痛くないんですかね?
動物病院の先生のブログで、くちばしをカットしているカメさんの画像見たことがあります。
そのカメさんはメチャクチャくちばしが伸びていました。
まおさん、支障ないといいな。
けろたんも、ちゃんと見守っててね!
No title
>ななちゃんさま
クチバシは人間の爪みたいなもので、先の方は神経も血管もないので
先の方を切る限り、痛みとかはないようです。
プロはリューターとかを使うんでしょうが
そっちの方が怖かったので爪切りにしました。

今のところ、クチバシが欠けたせいで食べなくなったとか、
痛そうにしているとかいうことはないんで、多分大丈夫だと思います。
ななちゃんは、あんまりクチバシが伸びなければいいですね。
ひぃぃぃ~~
まおさんの嘴が欠けちゃっているよ~><
しかも数日後は大変な事になっちゃっているよ。
しかもしかも、ゆーさんが爪切りで処理しているよ。
しかもちゃんと仕上げちゃったよ(←これは良いでしょう)
何というか、ゆーさんがちゃんと出来る腕の持ち主で良かったです。
これが自分と思ったら恐ろしくて、とても出来ません。
器用な飼い主で良かったね、まおさん♪
/*コメントありがとうございます*/
>ほり子さま

そうなんですよう。
大変なことになっちゃったんですよう。
クチバシ、切ってはみましたが、欠けた所が大きいんで
そろうまでにはしばらくかかりそうです。
ま、切った当初は多少がたがたしてましたが
2週間くらい経った今、ガタガタも修正されてきてます。
と言うわけで、必要なのは器用さというよりは
気合のような気もします。

首を引っ込めて、手でガードされちゃったら素人にはアウトですが、
幸いまおさんはそこまで知恵が回らなかったようで(^^;)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。