07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

再訪☆紀伊の国

2009/09/13
全世界のまおさんファンにはご心配おかけしております、クチバシ。

欠けちゃった所が伸びるまでにはしばらく時間がかかりそうですが
本体はこの通り元気ですのでご安心ください。

090913025.jpg オクラ大好きんがんがんが



さて。
8月の終わりに、和歌山に遊びに行きました。
去年も同じくらいの時期に訪れて、サンゴの海で泳いだり、ウミガメと戯れたり
おいしい魚を食べたりして楽しかったんですよね。


その時、古座川という清流にも立ち寄ったんですが、
道沿いの看板に「カヌーできます」って書いてあったんですよ。
残念ながらそのときは予定があったので、「次来るときは絶対!!」って言いながら
和歌山を後にしたんです。

で、次の機会がやってきたというわけです。

8月末の週末、夜明け前に家を出発。
高速と一般道で、紀伊半島の西側をひたすら南下します。
途中、紀ノ川SAのパン屋(赤い帯部分に書かれた名前にご注目)で腹ごしらえ。
090913026.jpg

紀伊半島最南端、潮岬を通り過ぎてからは、半島東海岸を北上していきました。

しばし走ったところで、太地町に入りました。
ここには「くじらの博物館」があります。
太地町近辺は、古くから捕鯨で有名な場所なんだそうです。

いや、もちろんクジラを見に来たんですよ。

090913013.jpg
なのに池を見ると○○を探さずにはいられないT氏

お、いましたいました!
090913014.jpg

♪あらこんなところにおさつスナックが♪というわけで
090913015.jpg
しばしカメと一緒におやつタイムを楽しみ・・・

博物館の中へ入ります。

090913017.jpg
こーんな骨格標本やら、(上に映っているのは昔の捕鯨船)

クジラの種類についてやら、クジラの体についてやら(ホルマリン漬け多種)、
捕鯨の歴史についてやらお勉強した後、館外にでますと・・・

イルカショー。
コチラでは、生きたクジラ・イルカ類も展示してるというわけです。

090913018.jpg
ボールにタッチ!
(イルカショーではおなじみの芸ですが、人がボールを支えているのは初めて見たような・・・)

ショーの後、てくてく歩いていますと。

090913019.jpg
ゴンドウクジラ達が飼われている入り江がありました。
ゴンドウって「巨頭」の意味らしいです。これ豆知識ね。

090913020.jpg

090913040.jpg
ん?エサをやれるの?もちろんやります!

090913021.jpg ちょうだいちょうだい

090913022.jpg あーん

こんな近くで見られたのは初めて!!

こちらの博物館には、2006年に捕獲された珍しいバンドウイルカもいます。
090913023.jpg
4本足で歩いていた名残の腹ビレがあるのです。

090913000.jpg
こういうことなんだそうです。

090913001.jpg

シャチのショーまで堪能した我々は、次なる目的地を目指して
さらに北上しました。


シャチ             シャチ             シャチ


三重県に入ってさらにしばし。

紀宝町ウミガメ公園」に到着~☆
090913024.jpg
なんとここ、道の駅なんですよ。

併設のレストランの名前は”ウミガメフーズ”。
なんか、ウミガメのエサを食わされそうですが。
090913002.jpg

写真、食べかけで申し訳ないですが、シラス丼おいしかった♪

んで、隣の建物は何・・・
090913003.jpg

一歩入ると。
090913010.jpg
すごい!カメグッズ!
この充実振りはアンディランドの売店以来です。
右上の手ぬぐい(ウミガメ保護のチャリティー商品)をお買い上げして、さらに奥に入ると。

090913004.jpg
アカウミガメ、アオウミガメ、タイマイ×アオウミガメ(ミックス)といった
ウミガメを飼育しているのです!ってここ道の駅ですよ!!

090913041.jpg

しかもエサまでやれるとな。
090913006.jpg ぱくー

反対側では、弱っているところを保護されたと言う子ガメや、
090913007.jpg

近辺に住む淡水ガメも飼育されていました。
090913008.jpg


そして。。。

090913012.jpg

楽しいことばかりではなく、こういうことも。
ワタクシ寡聞にして初めて知りましたが、本当だとしたら、もっともっともっと声を大にして
伝えていかなければならないことだと思うのですが。
がんばれ紀宝町!

ホヌオレンジ             ホヌオレンジ              ホヌオレンジ


ウミガメ達に幸あれと思いつつ、南下して和歌山に戻ってきた我ら。
さあ明日はいよいよカヌーでっせ!!

スポンサーサイト
12:27 カメのいる風景 | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
いいですね!!
和歌山いいですね!!
私は、東北6県、北海道、東京、千葉くらいしかいったことないです、、、、

わたしの家の近くには博物館もないし、水族館もないんですよー。
だからとってもうらやましいです。

中吉ちゃんはというと、だんだん冬眠の準備に入ってきたみたいです。
毎年ヒーター入れないで冬眠させてるんで。。。
No title
和歌山ですか。行ったこと無いですが、想像も付きません。和歌山・・・ラーメンくらいしか知らないんですよね。んっ、太地町って最近イルカ猟やら鯨猟でニュースでやってたところですか?
やはり、どこへ行ってもカメを探してしまうのは、カメ飼育者のサガですね。
うらやますし!
WAKAYAMA!MIKAN!RA-MEN!
天気もピーカン?!うらやますし!イイ━━(゚Д゚)━━ !!
No title
大阪にいた頃は、和歌山も三重も気軽に行けたものですが、当時はカメ飼いじゃなかったんで、いろいろ見逃していたものがあったようです。
紀ノ川SAのパン屋さんは「TURTLE」なんですね!

ウミガメの放流、そんな問題もあったんですか……知らなかったけれど、広めていきたいことですね。
/*コメントありがとうございます*/
>なつみさま
博物館とか水族館って、思いもよらないところに
あったりしますよ。
小さな水族館でも意外に面白い展示があって
なかなか侮れんですよ~

今年は秋が早いですね。
中吉ちゃんもうまく冬眠できるといいですね。

>ポンスケさま
和歌山って言えば、ラーメンのほかにも
日本一のパンダ園だとか世界遺産の熊野大社とか
結構いろいろあるんですよー

和歌山って、房総半島に似てると思います。
白浜とか勝浦とか共通する地名もあるし、海岸線近くまで山が迫ってる地形も似てるし、
阪和道と館山道とは雰囲気的に通ずるものがあるなあと。

>福助の主人さま
そうそう、有田のみかんもありましたね。
あと、紀州の梅とか。

ピーカン、写真から感じていただけました?
あっついんですよ。日焼け止め塗っても帽子をかぶっても日に焼けるんですよ。
年齢的にそれってどうなのよと思いますが。

>片岡美魁さま
カメを飼いだしてから、無駄にカメセンサーが発達したので
ついつい見つけちゃうんですよ。「旅館 亀屋」とか・・・
確かに、関東だと和歌山は遠い気がしますよね。
串本まで鉄道で行こうとしたら、東京大阪の新幹線と、
大阪からの時間が同じくらいなんですけどね・・・

ウミガメ放流の件、もうちょっと調べてみようと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。