09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

愛の放置

2010/02/28
今年も育てておりますど根性大根&カブ。(またの名をヘタの水栽培とも言う)
先週あたりからいっせいにスルスルスルっと背が伸びてきたと思ったら

100228008.jpg

花芽がつきました(・∀・)
もう少ししたら産直10秒の新鮮菜の花が食べられるよ!まおさん!

100228007.jpg はやくたべたいな


                                         


♪君は覚えて~いる~かしら~
 あの~ホタルの幼虫~♪

・・・誰も覚えていないでしょうが
昨年12月よりホタルの里親として、幼虫を育てていました。
彼らははいったいどうなったのか。
100228021.jpg

最終的に4匹が育ちました。
最初12匹だったので生存率1/3。
少ないように見えますが、飼育下ではこんなもんみたいです。(自然界では1/500程度とのこと)
一時期パタパタッと落ちていった時期があったので、大丈夫かしらと気をもみましたが
なんとか数匹は残って一安心。

幼虫の大きさに差がありますが、小さい個体は2年かけて育つんだそうです。
環境の変化があっても全滅しないようにの工夫なんでしょうね。

で、ついに幼虫を放流する日を迎えたわけです。
当日は里親100組がホタルの入ったプラケを手に集合しました。

ケースの中から幼虫を取り出して
100228002.jpg 100228003.jpg

小川に放しました。
100228004.jpg
ちょっと肩の荷が下りた思い。

6月上旬、ホタルが飛ぶ頃観察会が催されるそうです。
がんばって大きくなってね~

100228000.jpg
ホタルの棲む川


結局、ホタルは3ヶ月飼っていたわけですが、石とかの下に隠れる習性があるんで
覗いてもほとんど見えないんですよね。
たまに水を少々替えてやる、餌を入れてやるくらいしかやることないし、点々と見えるのは餌のカワニナばかり。
カワニナ飼ってるんかい!と突っ込みつつ放置状態でした。

まあ、あんまりしょっちゅう光を当てたり、石をひっくり返したりするのもよくないだろうという
愛の放置のつもりだったんですがね。


                               



生き物を飼うにあたっては、どのくらいかまうべきか=どのくらい放置すべきかは
その生物の性質や個体差によってくると思うのですが
社会性を持たないカメは基本放置推奨だと考えています。

まおさんを飼いはじめた時、昼も夜も心配で心配で
ケージを覗きたくてしょうがなかったのですが
上から覗かれるだけでヒュッと音をさせて首を引っ込めていたまおさん。
こりゃストレスで具合悪くなるかもしれないと、覗きたい衝動を抑えるのに必死でした。

【昔】大丈夫かなー(どきどき)
100228001.jpg くーくー

【今】ま、慣れてくれば多少持ったりいじったりしても、どうこうはなりませんが
100228009.jpg めいわく

それだってカメの忍耐の上に成り立ってるわけで。


飼い主の姿勢としては環境はできる限り整えて放置、が一番よいと思うんですよね。
(そうは言ってもエサで釣ってみたり、ちょっかい出して嫌がられたりするんですが)

犬のように100%の愛情を交換できるわけでもない、
ウサギのようにフワフワ温かいわけでもない、
鳥のように触れ合えるわけでも、魚のようにピカピカきれいなわけでもない。
「そんな動物飼ってて何がおもしろいの?」とかって聞かれたりするんですが
このおもしろさ・かわいさは、飼っていない人にはどう言えば伝わるんでしょうかね。。。

100228006.jpg なーにむずかしいこと考えてんのさ

スポンサーサイト
13:57 かめのまおさん | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
No title
ゆーさんはいろんなことをされてるんですね。蛍の幼虫を育てるボランティアなんて初めて聞きました。素敵です♪
私はカメでも結構べたべた触りまくります(苦笑。カメの体調を見てストレスの範囲を考えないといけないなと思いますが(ベビー時はやっぱり頻繁にのぞくのも触るのもよくないと思います)、この先長いこと人間様(笑)と生活をしていくうえである程度慣れてもらう必要はあると思うからです。ハチュの場合、懐くのは難しいと思いますが、慣れることで長期的にはストレスの軽減になるんじゃないかなと期待してます。
飼えばわかるのにねw
ほたるの事はちゃんと覚えていましたよw
歌は平成生まれ置き去りソングですねww
生存率1/500とは自然界の厳しさを思い知らされます。
夏になったら育った子達が挨拶に来てくれると嬉しいですね(←メルヘンコメ)

カメの可愛さは飼ってみなくちゃわからないでしょう。
だって爬虫類だし固いし表現力少ないしで可愛い要素が少なすぎですw
でもでも飼っていると、その数少ない可愛さがわかっちゃうんですよね~。
もう寝ているだけでも萌えですよ。
No title
おお、ついにホタルも放流の時期になったんですね。がんばって成虫になってくれるといいですね。

カメのおもしろさは、やっぱりわかりにくいですかね。
わかりやすいコミュニケーションを取ることだけが「飼う」ってことじゃないと思うんですが…うーん、飼っている動物に何を求めるかの違いで、カメ(爬虫類?)飼いとしての向き不向きみたいなのがあるのかも知れませんね。

とりあえず、覗かなくてもガサガサ動く音や野菜をぽりぽり食べる音が聞こえるだけで「うわあなんて可愛いんだろう!」とか盛り上がれる我が家は、カメ飼ってよかったんだと思っております。
はじめまして♪
「ホタルの里親」で検索して、
ここにたどりつきました。

わが家も先日、放流にいってきました。
(私はいけなかったのですが・・・)
すごいですね!4匹だなんて!!
うちは12匹のうち2匹でした。

ほんと、ホタルのお世話なのかカワニナのお世話なのか???で
なんやかんやでしたが、
私もホッとしました(へへ)
?????
最後の画像、なんだか解りませんでしたが、
拡大して、覗き穴だと解りました。
No title
おっ、とうとう蛍放流ですか。4匹うち1匹でも成虫になって欲しいですね。
我が家でも最近、再生野菜が流行っています。人用にはネギ、カメ用にはロメインレタスやトレビス。チンゲンサイは花が咲いてしまいました。
/*コメントありがとうございます*/
>いんたげさま
ホタルの里親、私も今回初めて知りました。
調べてみたら、結構な数の自治体でやっているようですね。

爬虫類の場合、確かに「馴れる」じゃなくて「慣れる」なんですよね。
人間の存在に慣れてもらうのは重要だと思います。
たとえ人間を「自動餌やり機」と認識していようとwww

>ほり子さま
ビリーバンバンなんて、確かに平成生まれは知らんでしょうが、
私も実物は見たことがないです。
歌もいつ聴いたのか全く覚えがないんだけど
なぜか知ってるんですよね。
んで、今回調べてみたら最近も活動なさっているようですね。

カメって、表情がないようでちゃんとあるんですよね。
顔の向きと目ぐらいしか動かせないと思うんですが
楽しそうっていうのも、機嫌悪いっていうのもわかっちゃうのが不思議だと思うのですよ。

>片岡美魁さま
飼うとき、あんまり「ペットに何を求めるか」まで深いことは考えていませんでしたが、こんなにハマるとは予想外。。。

なんか、この「絶対分かり合えない距離感」がいいと思うんですよ。
カメは人間の思惑に全く左右されず食っちゃ寝してるわけですが、その姿に勝手に癒されてるっていうのもオツなものだなあと。

>もかさま
いらっしゃいませ。
どうやって検索なさったのか、こんな辺鄙なブログに来ていただき、ありがとうございます。

うちなんか、カワニナを別水槽で飼ってましたよ!
こうなると本当に「何飼ってるんだ」状態ですね。。。
6月、ホタルが乱舞することを信じて待ちましょう。

>beetonn2007さま
上のほうの写真で、まおさんが箱(グレープフルーツ)に入って日光浴をしていますが、のぞき穴はその箱の側面についています。
箱に入れると、時々「外はどうかな」みたいにのぞいたりするのですが、
そのときの表情がすごくいいんですよ!

>ポンスケさま
再生野菜、カメえさがマンネリにならないんでいいですよね。
レタスやトレビスも水栽培できるとは知りませんでした。
今度やってみようと思います。

まるで・・・
最後の写真。
まるで、騙し絵のようですね
大きい甲羅の上に、小さい甲羅がひっくり返って乗っているように見えました。
beetonn2007さんのように拡大してやっと
こっちを見ている、まおさんを発見した。
/*コメントありがとうございます*/
>たつのさま
PC復活したんですか?

まおさんの写真、そういう見方があったとは気づきませんでした。
撮ってる方は「穴からのぞいているところ」って思って撮ってるんで
他の視点で見ることができないんですよね。。。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。