03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「学ぶ」は「まねぶ」

2010/04/09
春ですねー。
というわけで、近所をお花見散歩。
(近所でのお花見はゆっくり見られるのがいいですね)

100409004.jpg 100409002.jpg


この春から新しい環境に移った方もいらっしゃるでしょう。
新しいことを始めた方もいらっしゃるでしょう。

私は。。。会社で席替えをしたくらいかなあ。
あ、まおさんの風呂を新調しました(・∀・)

100409001.jpg 足を伸ばしてのーびのび

・・・ってもすぐに「出る~出る~」って暴れだすんですがorz


                            


さて本日の話題。
とある研究についてです。

カメは生れ落ちたときから一匹で生きなければなりません。
人間やその他社会性を持つ生き物とは違って、卵から出た後については
誰も何も教えてくれないので、自分で生きる術を学ぶ必要があるわけですよ。

100409000.jpg 唯・我・独・尊

そんなGoing my wayな彼らに「謙虚に他人から学ぶ」気持ちはあるのか。

この疑問に対して、興味深い記事がありました。
アカアシガメでの実験だそうです。(英語)

実験の様子、動画はこちら。


カメに対して、網でできた仕切り(障害物)の向こうにイチゴをおきます。
カメには見えるし匂いもするけど、仕切りが邪魔して近づけないので
食べるためには「仕切りの横から回り込む」ということを思いつく必要があります。
何回かトライするものの、結局カメ達は最後まで気付けなかったそうです。

そこで、うち一匹を訓練した結果、彼は網をよけて回り込み
イチゴに到達することを覚えました。

さて、横から回り込んでエサを食べるのを見たほかの個体は・・・
(ビデオでは後ろのカゴから見ているようです)

なんと、一番の個体は見てすぐ、最後の個体も何度かのトライのあと回り込むことを覚え、
イチゴをゲットできたそうです。
最初の実験では、誰もイチゴにたどりつかなかったわけですから
他のカメのエサのとり方を見て、真似て学んだってことになりますよね。
他人に興味ない振りしてちゃんと見てるんじゃんw


                            


以前ご紹介したまおさんの動画で、
五右衛門(おもちゃのカメ)が頭を上下させるのを見たまおさんが
同じように頭を上下させるシーンがあったのですが
もしかして「エサがあるの?」って五右衛門の動きを真似してたのかなあー
なんてちょっと妄想してみたり(*´∀`)

100409005.jpg もうゴエモンにはだまされないぞ


#他のカメに対して「なんだこのやろお」のときにも首を振るらしいので、
こっちかもしれませんがね・・・

#研究の内容もさることながら、8匹も研究に使える環境にちょっと裏山(*´Д`)ハァハァ
 うち一匹は研究者のペットだったらしいですよ ( ´∀`)σ)∀`)ヤッパリカメガスキナノネ

スポンサーサイト
22:09 かめのまおさん | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
面白い実験ですね
カメが他の個体の真似をするかどうかって、考えもしませんでした。
エキモフが売られていたショップでは、ケージに5cmぐらいの仔ガメが10匹ぐらい入ってて、みんな思い思いに餌食べたり散歩したり他のカメを踏んだりして、あまり他者の存在を気にかけているようには思えなかったもので。
見てるんだ…ちゃんと。すごいなあ。

あ、エキモフはよく首を上下に振っています。目の前に障害物(カメラとか人とか)が近づいてきた時にやるので、威嚇しているっぽいです。
No title
この動画非常に興味深いですね。しかもアカアシというのが良いですw
最初に回り込むことに気がつかなかった…というかそこまで動かなかった時点でちょっとorzな気がしたんですが(苦笑、他のカメの行動を観察しているというのは面白いですね。そういえば南米リクガメというタイトルの本ではアカアシが自分の居場所である穴の位置をちゃんと覚えていて餌を食べに出ても巡回してまたそこに戻ってくるというようなことが書いてありました。アカアシやキアシの場合社会性も若干あるようでリクガメも思ったよりは賢いのかもしれませんね。
基本的にはGoing my wayだと思いますがw
No title
連投すみません<(_ _)>
このWired記事の元を辿ろうとしたのですが、動画と簡単な説明がついたものしか見つかりませんでした。もし可能であれば元記事を読んでみたいのですが、できますでしょうか?
/*コメントありがとうございます*/
>片岡美魁さま
見ているみたいですよw 
ってことは我々も見られてるかもですよwww

しかもただ見ているだけではなく、その行動の意味を理解して
ちゃんと自分の行動として変換実行しているなんて、
ちっこい脳みそで意外とやるじゃんって感心しました。

>いんたげさま
この研究の結論は、模倣能力は社会性の一環としてではなく
環境に適応し、生きていくために独立して発達してきたものだということみたいですが、
社会性のない動物の代表として「カメ」が選ばれたっていうのも味わい深いなあと。

原著は以下にあります。
(アブストは読めますが、全文読むのは代金が必要ですね)
http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/early/2010/03/25/rsbl.2010.0092.abstract

本論文を紹介した記事は・・・
http://news.sciencemag.org/sciencenow/2010/03/antisocial-tortoises-learn-from-.html とか
http://www.sciencenews.org/view/generic/id/57795/title/Tortoise_see,_tortoise_do あたりをどうぞ。
あったりまえですよ
あの小ちゃい小ちゃい頭でも、何だかイッチョ前に感じる事があるのは
亀飼いなら誰でも知っていますよ。
この研究者もそんなのとっくに知ってるから自信を持って実験したのでしょうね♪

No title
出典まで教えていただきありがとうございます<(_ _)>
専門家ではないのでお金を出してまで論文を読もうとは思いませんが、ネットに転がってればちょっと目を通してみたかったところですねw
他を模倣するというのは社会性と非常に密接に関係があるんですね。深いことはわかりませんが、そういうのも社会性なのかとちょっと興味深かったです。
No title
カメが他のカメを見て学ぶとは私も考えたこともなかったですね。カメ以外からでも学ぶのでしょうかねぇ。
すげ~
おひさしぶりです。
いや~、カメさんすげ~
リクちん賢いかも?!と親ばか全開でしたが、
ソコソコ標準装備でしたか(笑)

【飼い主に似る】と言いますが、
カメさんも学習するなら、ワンコなら飼い主そっくりになって当然ですね~。
実家犬が王様なのは、一緒に居るおばあちゃんに似たのかな~。
/*コメントありがとうございます*/
>ほり子さま
ねえ、あんなちっちゃい脳みそでねえ。
携帯の中のmicroSD数枚分の容量しかないのに
いろんなこと考えたりしてるって思うと
愛しさも3倍ですねえ。
この研究者はペットとして飼ってるそうですから
そりゃもう、自信あったでしょうね。

>いんたげさま
いえいえ、どういたしまして^^

>ポンスケさま
カメ以外からも学ぶんでしょうか。
そういうことがあっても不思議ではない気はしますが。
うちもですが、一匹飼いだと、
他のカメとの交流って想像つかないんですよね。。。

>akiechinさま
そうなんですよ、カメはそこそこ賢いらしいんですよ!
なんせ論文で証明されましたからねw

犬は確かに飼い主に似ますよね。
私が見た中で一番強烈だったのは、中学校の近くに住んでいた獅子丸(チャウチャウ)と
その飼い主の金髪くるくるパーマの丸っこいおばちゃんでした。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。