04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

まおさんとひっこし(当日編)

2008/04/16
さて、夜が明けて引越し当日。(引越し前日までの話はコチラ

荷物の梱包は業者がやってくれるプラン(開梱は自分)だったので、
貴重品のより分けと不用品捨て以外はまーったく何もしていなかったんですが(汗

あ、熱帯魚は頼み込んで引越しトラックで運んでもらえることになったんですよ。
しかし、当然ですが梱包は自分でやるわけです。
なので、5時に起きて作業開始。

が、引越し屋さんが来た9時には未だ魚梱包作業終わらずwww

必死で作業する私の横でてきぱきと始まる引越し作業。
いやープロの仕事はすごいです。って見てる場合じゃないですよアンタ。

そんなカオスな家の中でまおさんはどうしていたかというと・・・

浴室に避難してもらってました。

CA370122.jpg
 え、どこ?

CA370123.jpg
 ここです




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんなカオスも、いつかは片付くものです。

ガスの清算やら何やらを済ませ、車を業者に引き渡し、
全家財を載せた引越しトラックが出発したあと。

家の中には私と、身の回りのものを詰めたバッグと、まおさんが残りました。
暗い浴室で縮こまっていたまおさんを、広くなった部屋に放しました。

CA370124.jpg
てくてく

まおさん、ベランダで遊んだよね。
出窓(写真右)でみかん箱に入って日光浴したよね。
ねー。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてと、行きますか!
荷物をまとめ、まおさんをカイロとタオルで包んでプラケースに入れ、
さらに紙袋に入れました。
玄関を出てカギを閉め、カギをドアの新聞受けに落としたとき
もう戻れないということをはっきり自覚しました。

でも一人じゃない、まおさんが一緒だ!

バスと電車を乗り継いで西に向かいます。
新幹線の中でもまおさんはおとなしくしていました。
隣の乗客も「まさかここにカメがいる」とは思わなかっただろうな。

新大阪に着き、乗り換えて、新居のカギを受け取り
また乗り換えてやっと着いたのは夜中でした。

CA370131.jpg
このときの全荷物。 右がまおさんを運んだ紙袋

翌日の朝。
あまり眠れず、早く起きてしまった私は周囲の探索に出かけました。

途中タンポポを発見して、ああここなら暮らせると安心して帰ってきました。

まおさんは起きていました。
長旅にも関わらず、意外に元気そうでほっとしました。

で、朝の9時に引越し屋さんが来て、数え切れないくらいのダンボールを置いていって
そこから一ヶ月怒涛の開梱作業が始まるわけですが・・・

ええ、まず最初にまおさんのケージを組み立てましたよw



以上、まおさんと引越しの話でした。

スポンサーサイト
22:30 かめのまおさん | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
大変でしたね
1年も前の話とはいえ、お疲れ様でした。

仕事場が閉鎖されて、全く違う地方に引っ越すというのは
心身ともに想像が出来ない苦労だったと思います。

疲れて呆然とする自分を元の場所に戻してくれると感覚というか・・・
引越し前も当日もマイペースでのんびりしてくれていた
まおさんは本当に有りがたい存在でしたね。
それは大変でしたね。ご苦労は察します。私もカメをつれて海外から引き上げたときはストレスで胃痙攣をおこしました。
やはり生き物といっしょというのは倍の倍くらい神経を使います。会社が用意してくれたファーストクラスででた食事も、同じ飛行機のうすぐらいところで犬や猫と一緒に食事も与えられず小さくなっていたであろうカメのことを感がると砂を噛んでいるようでした。国内だから楽とか海外だから大変ってないと思います。でもまおちゃんのことを一番にかんがえてあげているゆーさんはやさしいです。動物にもそういう気持ちは伝わるでしょうね。
本当にご苦労様でした。
大変でしたね
私もクーラーボックスに入れて新幹線に乗りました。
家に着いてまずした事は、お風呂に水を入れる事
そしてその中に、亀さんをいれたら、元気よく泳いでくれて、ほっとしたのを覚えています。

ガスを開栓する時、ガス屋に"風呂場にペットが居る"から今お風呂を沸かせない、と言ったら・・・ワニ?蛇?と想像されて、「亀」と言ったら、ほっとされた。
何もない部屋にいるまおさんを見ると、去年の引っ越し風景を思い出します。
荷物を運んでもらった後の何もない部屋に私と手荷物としゃっくさんが残りました。しゃっくさんは何もない部屋を所狭しと歩いていました。
私も、新居についてはじめにやったことは、しゃっくさんのケージのセットアップです。
*コメントありがとうございます*
一年も前の話を読んでくださってありがたいです。

>かめぐんそうさま
たかが小さなカメですが、まおさんがいたことは
本当にありがたかったです。
「しゃく、しゃく」と葉っぱを食むのを見ていると
日常のややこしいあれやこれやなんて忘れてしまうんですよね。

>尚美さま
いえいえ、アメリカからカメと引越しのほうが5000倍くらい大変ですよう。
通関の書類の準備とか、ちゃんと出国できるかかしらとか
貨物室で冷えてカゼ引かないかしらとか、書類に不備がないかしらとか
ちゃんと入国できるかとか、そりゃもう心配だったことと思います。
無事フィギーさんを連れてこれて本当によかったですね。

>たつのおとしごさま
神戸から関東に引越しされてるんですよね。
カメさんと一緒に新幹線乗ったんですね。
しかもミズガメさんはクーラーボックス!
大荷物で大変だったでしょうねー。
なにはともあれ、カメさん元気に引越しできてよかったです。

>ポンスケさま
まおさんを何もない部屋に部屋に放したときは
「ここどこー? なんかちがうー 」みたいな
所在なさげな感じでぽてぽて歩いていた気がします。
いろいろと思い出されてしばらく感傷に浸ってしまいましたよ。
やっぱり最初はケージのセットアップですよね!
バスキングライトが付いて、その下でまおさんが伸びているのを見て
やっと安心してましたね、そういえば。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。