03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

「非公式」加賀百万石ガイドブック

2009/03/14
090314020.jpg 最近の市政はどうかのう(隣市の市長タイホされたし)

ワタクシ、カメの如く「ヒマ大好きダラ生活万歳」をモットーに生きてるつもりなのですが
ここ最近、妙に忙しくて目が回っております。
期末に忙しい仕事、ってわけでもないのに。。。

090314021.jpg 一緒にするなよ怒り


そんなわけで(?)、たまには歴史に浸るのもよかろうと
加賀百万石、金沢に行ってきました。

と言うわけで、歴史モノに造詣が深いどころか全く不得手なワタクシがお送りします、
これさえ知っていれば恥をかかない(嘘)、初心者のための金沢講座、始まり始まり~


第一章 雪吊り

090314023.jpg

金沢の冬の風物詩ですね。
この地方の雪は重くて枝が曲がってしまうんで、それを防ぐためにやるんだそうです。
残念ながら我々が訪れたときは雪は全くなかったのですが、
あったらさぞかし風流なことでしょう。

とは思うのですが、そこまで徹底的にやらんでもいいんじゃなかろうか。
市内の木の半分には付いてるんじゃないですかね。
名物だってのは分かるんですが、今年みたいな暖冬だったら必要ないのではごにょごにょ


第二章 壁


普通、和室の壁って地味な色じゃないですか。抹茶みたいな色とかベージュとか。
金沢の壁はというと、赤いんですよ。

090314009.jpg
この写真はあとで出てくる料亭の室内です。。隣の部屋は真っ青(群青色)!

前田公が好んだ色らしいんですが、びっくりでした。
昔の暗い照明ではもっと厳かな色だったのかもしれませんが。
これらの壁は、冬至は位が高い人しか許されてなかったそうですが
ワタクシは貧乏人なので、普通のカベでいいです。。。


第三章 忍者寺

090314001.jpg

妙立寺、別名忍者寺。
忍者カメと暮らす我々、ここは行かなきゃ!

はい、忍者とは関係ないそうです。
えーっ?どーゆーこと?

でも、面白かったですよ。
こんなところに隠し戸が!とか、賽銭箱が落とし穴!とか。
(内部は禁写真だったので、残念ながら写真はありませんが)

別名忍者寺は、寺のあちこちに落とし穴や隠し階段といった仕掛けがあることから
そう呼ばれるようになったとのこと。
作られた頃は江戸時代初期、日蓮宗の寺と、いざと言うときのための監視所という
二つの役割があったんだそうです。へー。


第四章 庭

これはもう、超有名ですね。
日本三名園、兼六園。
さて、残りの二つはどこでしょうか? 答えはこちら

ここは、雪吊り界のメッカみたいなものです。

090314004.jpg こんなとか

090314005.jpg あんなとか(枝を支えるたくさんの棒に注目)
ま、いかにスーパーな樹形を保つかに命をかけるのが庭園なんだからいいんですが。

090314006.jpg

梅がきれいでした。


第五章 白山

富士山、立山とともに日本三名山のひとつだそうな。
090314017.jpg
バスから撮った白山。
標高が高いため、周りの山は雪が解けて黒くなっても、まだ雪が残って白いことから
付けられた名前なのだとか。

長い参道を登ると・・・
090314011.jpg

加賀の一宮、白山比(ひめ)神社。
090314010.jpg

そして、白山の鎮守・那谷寺。
090314013.jpg
境内どこだか分かりますか?写真真ん中あたりに建っているのです。

090314012.jpg

と、歴史の空気を感じつつ。


第六章 グルメ

まずは金沢の台所、近江町市場へ。
090314022.jpg

090314003.jpg

さすが日本海側、今の季節はカニですね。
あと寒ブリとかボタンエビとかタラとか、もうキラキラ光ってます。
腹ごしらえに回転寿司行きましたが、魚が新鮮なので
醤油ほとんどつけなくてもウマーでした。

そして、金沢と言えば加賀料理。
今回はスペシャルで料亭に連れて行ってもらいましたきゃー
3月はひな祭りにちなんで白酒で乾杯。
その他にも来る春を感じさせるお料理で、目もお腹も楽しみました。

090314007.jpg
真ん中の「ドジョウの蒲焼」は藩政時代に長崎から流刑になった
キリシタンの人が持ち込んだとも言われるとか。

090314008.jpg
有名な「治部煮」。わさびを吸い口にするのが特徴。
鴨肉と野菜をとろみのついた汁で頂きます。

おいしかった~♪ 父上ありがと~♪

第七章 温泉

金沢から少し行ったところに「加賀温泉」という場所があります。
でも「加賀温泉」という温泉はありません。
山代温泉、山中温泉、片山津温泉等の温泉へのゲートウェイだからだそうです。

今回訪れたのは山中温泉。
お湯は透明な硫酸カルシウム泉。
川沿いに温泉宿が並んでいて、川の音を聞きながらの露天風呂もいいものです。
近くには気持ちの良い渓谷もありますし、
090314015.jpg
温泉街もモダンな感じになっていて、お散歩も楽しめます。

とまあそんな感じで楽しんでまいりました。


風呂            風呂            風呂

まおさんただいまー

加賀野菜を買ってこようと思ったのですが、
いまいちまおさんが気に入るか分からないものばかりだったので
加賀野菜の店に売っていた大根菜を買って来ました。

090314019.jpg ふむふむ まあまあいけるね


めいいっぱい3日間遊んで次の週大変だったのは
まあ自業自得ということで。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

番外1 古墳
今回、父親も一緒に回りました。
この人は歴史モノ大好きで、国分寺めぐりとか
歴史オンチの我々にとってはよくわからんことを趣味としています。

んで、那谷寺に行く途中でなぜか古墳巡り。しかも2ヶ所。
石室がアーチだったり横穴が200開いてたりするそうなんですが
やっぱりよくわからん。。。

番外2 伝統工芸
輪島塗だとか金箔だとか加賀友禅だとかいろいろあるなかで
九谷焼の絵付けにチャレンジしてきました。
090314000.jpg

筆での絵付けは結構難しくて苦労しました。
2ヶ月ほどで家に届くんだそうです。楽しみ楽しみ。
(あまりに絵付けに集中しすぎて最中の写真はアリマセン。。。)
スポンサーサイト
16:44 かめのまおさん | コメント(5) | トラックバック(0)
コメント
加賀いいですねぇ。私も一度は行ってみたいところですが、関東からはなかなか遠いですからねぇ。
観光も良いですが、寒ブリやボタンエビ・・・食べたいです。
>ポンスケさま

そうなんですよね、関東からだと越後湯沢経由か米原経由で
しかも結構時間がかかるんですよね。
大阪からだと特急一本、2時間半くらいで着いちゃうのでとっても楽でした。

とは言いつつ、ブリやらエビやらカニやらが待ってますよ~
一度くらいいかがですか~♪
まおさん、新聞逆さまッス! 市政語る前に目が疲れるッス!
(ってカメも目が疲れるのだろうか……)
金沢はなんだかんだで行きそびれてます。能登半島とか芦原温泉とかには行ってるのになぜだろう。
壁、すごい色ですね。好きな色にも程があると思うんですが(笑)。
金沢には2回ほどいきましたが飛行機でした。
直線なら近いのに、何故か遠いんですよね^^
忍者寺も勿論行きましたよ。
忍者じゃなくて、結局は権力者の逃げ道と聞いてがっかりw
冬の日本海の海の幸、、くいて~~~!!!

まおさん、お留守番が寂しかったけど美味しい野菜を
貰えてよかったね^^

>片岡美魁さま
カメの目が疲れるのかどうか。
そもそもカメはどのくらい見えているんかなあとか考えますね。
色を感じる視細胞はヒトより多い4種類あるそうですが。
カメは世の中をどう見てるのでしょうか。

壁の色、程度ってもんがありますよね、ホントに。

>ほり子さま
関東からだと行きづらい場所ですよね。
私も能登半島は生まれて初めてでしたから。
海の幸やら歴史モノやらいろいろある場所なんで
また行きたいと思ってます。

カメが、留守番が苦にならない動物でホント良かったです。
(人に慣れても馴れない、ということなんですが^^;)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。