05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

日々是勉強

2009/06/28
うーむ、PCの調子が悪い。
Windows7が出るまでもってくれ!

090627012.jpg 空芯菜はおいしいなあ


晴               晴              晴


地球温暖化の救世主、ゴーヤーズはうどんこの呪いを乗り越え、
私の背を超えました。
090627020.jpg

でも、花はまだ咲いてません。。。
朝、駅に行く途中にあるお宅のゴーヤは、2週間くらい前から
毎日花をつけているのに、です。

肥料が足らんのか、やはり土かと思っていたら
本日、つぼみを発見しました∩( ・ω・)∩ ばんじゃーい

090627009.jpg

ゴーヤ採れたら何にしようかなー♪
まずは定番ゴーヤチャンプルかな?
それとも塩でもんでおかかと和えて、ニガー!な風味を堪能するか。
白和えでマイルドしゃきしゃきにするのもいいね!

090627001.jpg 実がなってから考えても遅くないと思うよ


晴               晴              晴


なんだか蒸し暑くなってきたここ関西某エリア。

夜中暑くて目が覚めてしまったT氏が、ネットをさまよった挙句
Amazon.comでこんな本を買ってました。(私は熟睡してたので知りません)
090627000.jpg
カメの飼育本です。

あくびがカワイイRussian Tortoiseの方は ”A complete guide to Tetsudo”
(地中海リクガメの完全ガイド)なんだそうですよ!

著者のE.J.Pirogさんは南カリフォルニアにホルスやギリシャ、
ヘルマン、マルギナータ達と住んでるとのことです。
南カリフォルニア、確かに暖かいしカメのためにはいい所だろうなあと思って
もう一冊を見たら、飼育カメリストにケヅメとヒョウモンも加わってました。
しかもアトランタに引っ越してるし。まさかカメのために?

かどうかはわかりませんが、前書きから後書きに至るまで
とにかく、カメの全てを知って欲しい、ちゃんと飼ってほしいと
カメへの愛がひしひしと伝わってくる本です。

まおさんも自分のこと、ちゃんと勉強してくださいよー

090627004.jpg 「給餌と栄養」 ごはんのことだな

090627003.jpg 繊維、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの
バランスが大事、と。

090627002.jpg そのためにはいろんなものを食え、と。

「高繊維低蛋白がイイ!」からといってそればかりを注視するのではなく
バラエティに富んだ食餌が栄養バランスのために重要なんだそうです。
なるほどね。

090627005.jpg だからたまにはトマトも食べていいよね♪

090627032.jpg がうがうがう

090627007.jpg ふーうまかった☆

見よ! この満足そうな顔。


晴               晴              晴


ウロコつながりで魚の話。

うちの水槽には現在、2種類のベビーがいます。
一つは毎度おなじみ(?)、コリドラス・パンダの稚魚ですが
もう一種類はアフリカン・ランプアイです。

親はこんな奴ら。
090627011.jpg
ランプアイの名の通り、目が青く光るのです。

メダカの仲間で、増やし方も日本のメダカに準じる、でいいらしいんですが
産卵後3-4日で孵化するコリドラスと違って、2週間以上かかるんで
せっかく発生してもカビる卵が結構多いんですよ('A`)
しかも毎日ちょっとずつ卵産むんで卵を集めるのが大変('A`)('A`)('A`)

090627030.jpg
ウィローモスの中からこんなふうに探し出します。ってもしかして私ヒマ人?

090627010.jpg
一番上が子ランプアイ。卵も写ってますね。
同時期に生まれた子コリドラスに比べて、小さいのわかります?
こんなにちっちゃくても、生まれて数日で目が光り出すんです。

いろいろ調べたりあれこれ調整したりで紆余曲折の結果、現在3匹が育っております。
まだ産卵箱のスリットから出てしまう大きさなので、特製ネットの中で育ててますが
さてこれからどうなることやら。
ご期待しないでお付き合いくださいな。

スポンサーサイト
00:23 かめのまおさん | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
No title
うちのゴーヤは雄花は咲かせるのですが、いまだ雌花は咲いてくれません。はやく咲いてくれないかなぁと待っているのですが、仕方がないですね。

わたしも、出来るだけ多くの種類の食材を与えることに賛成ですね。食べてくれるのならば、ほうれん草だってキャベツだってあげても良いと思っています。ただ、そればかりあげるのはダメですけどね。
No title
我が家のゴーヤーも先週頃より開花し始めましたが、雄花ばかり…
雌花が咲かない…
カメの飼育書は欧米主体なんでしょうかね。
食事はいろいろなものがいいと、その辺はカメも人も一緒!
私も好き嫌いなくさないと^_^;
No title
ゴーヤの葉っぱは主菜と副菜のどちらに入るのでしょうね。
トマトで満足顔なまおさんが可愛くて仕方ないです。
あ、うちのも満足顔するので可愛いですよw

魚で飼っているのはコリパンだけじゃなかったんですね。
水の手入れとか大変そうなだぁと思うと、絶対に買えません。
ゆーさんったらマメですよね。

ゆーさんは英語が堪能なので、外人の書いた飼育本も読めるので
幅が広がって良いですね。
著者の博士は絶対にカメの為にアトランタに移住されましたね。
いやはや、何とも羨ましい限りです。
/*コメントありがとうございます*/
>ポンスケさま
ゴーヤの花、もう咲いてるんですね!
うちも早く咲かないかなあ。

そうそう、バランスが大事なんですよね。
人間だって外食が続いたら、無性に野菜が食べたくなったりしますから。
いろんなのを与えたら自分でバランスとって食べる気もするんですが、
キュウリがあったらそればっかり食べるんだろうな・・・

>ななちゃんさま
最初雄花ばっかりってありがちなことらしいですよ。
うちはまだ小さいつぼみばっかりなんで
咲いてるだけうらやましいです~

ななちゃんも好き嫌いない子に育つといいですね♪

>ほり子さま
満足顔、かわいいですよね!
軍曹ちゃんの満足顔もかわいいんでしょうねー。
ええええ、言われなくたって分かりますよw

英語はちっとも堪能ではないですが
今回の本は多少基礎知識があるのと、英語自体がクリアで分かりやすいのと
なにより内容に興味があるので大変読みやすいです。が、
なんせ2冊もあるので、読み終わるのはいつになることやら。。。
ゴウヤ!
ゴーヤ花咲きそうですか~ゴーヤは・・・天ぷらですよ天ぷら!(゜∀゜)タベタイ!!
うちもヒョウモンの喜助が加わって若干賑わってきましたYO!まぁそれは自分だけで家族は・・
ランプアイ増えてますかーうちも婆ちゃんが白メダカですが増やしてますよぉ~
スーパーから発泡スチロールの箱もらってきてそっちこちに増やしたい放題(´ω`) 蚊が凄いので婆ちゃんに気がつかれないようにスネークヘッドの餌にして増えすぎないように調整してますw「あら?この箱のメダカ居なくなっちゃったわ?!」って、餌にしてますから!ザンネン!
こんにちは!
いいですよね、ゴーヤのカーテン。
うちにもありますよ!!
でもうちのはまだ30センチくらいです。。。
あと、熱帯魚は40センチ水槽にラスボラエスペイとオトシンクルス(並)と15センチくらいの水槽にアカヒレ1匹です。
昨日、40センチ水槽のコリドラスがなくなりました。。。
きっちり原因を調べたら、新しくコリドラスベネズエラオレンジを迎えたいと思っています!
ランプアイいいですよね~。
私も、かってみたいです!!
あっ、あと中吉ちゃんも相変わらず元気です*
/*コメントありがとうございます*/
>福助の主人さま
ゴーヤの天ぷら、おいしそう!
いいなあ、ヒョウモン喜助ちゃん。
朝起きるのが楽しくなりそうですね。

メダカはスネークヘッドのエサですか。。。
ってか、知らずにメダカをエサにされてるばあちゃん、ちょっとかわいそう。。。

>なつみさま
うちのゴーヤもちょっと前まで
「大丈夫かしら」っていうくらいしょんぼりだったのですが
ここ1,2週間で急にモサモサしてきましたよ。

亡くなったコリドラスは残念でしたが
かわいい子を迎えられるといいですね。
中吉くんにもよろしく☆

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。