07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

肋骨とロマン

2009/07/13
さーて今週のゴーヤさんは?

090712001.jpg
もっさり

前エントリーから一週間でこんなことになってます。
ネットを見ると「梅雨明けたらどんどん伸びますよ」とか書かれてるけど
今からこれじゃ、ゴーヤの館になっちゃうよ。。。

4株も植えるんじゃなかったとつぶやきつつも、子ゴーヤの成長はやっぱりうれしいぞ!
090712000.jpg

前にも書いたように、4株全部品種が違うのですが、
一番最初に実がなったのはたぶん「ゴーヤちゃん」。
(あまりにモサモサしている上に、めちゃくちゃ枝分かれしているので調べるのが大変!)



傘            傘             傘


さて、本題。
ちょっと面白い記事を見つけました。
カメの甲羅の由来です。

まおさんの甲羅の話は以前書いたことがありましたが、甲羅はカメがカメたる所以。
頑丈な甲羅があるから、早い逃げ足や飛ぶための羽を持たなくても
防御命!で何億年も生き延びてきたわけですよね。

43_pht04a.gif
(図は下記リンク、コスモ石油のサイトから引用)

甲羅は、内側;骨、外側;ウロコ の二重構造になってカメの体を守っていますが、
その骨の由来は肋骨なんだそうです。
そう、アナタの肺の周りにある、その肋骨。

ところで人間の場合、背中の一番外側の骨は肩甲骨ですね。
どの脊椎動物でも、この構造は基本的に同じらしいのですが
カメは甲羅=肋骨が一番背中側にあるわけです。よって肩甲骨はその内側。
こんな動物は他にはいないそうです。へー!
(この辺がカメの前足のつき方にも関わっているとか。確かに、肘が内側に曲がる動物って他にいないよな)

で、最近の研究によると、卵の中の子ガメは、最初は他の動物と同じように肩甲骨が一番外側にあって、
卵が育つにつれて肋骨が背中側に動いていくらしいのです。

20090710k0000m040139000p_size5.jpg
(図は上記リンク、毎日新聞2009年7月10日の記事から引用)

小さなカメの卵の中で、そんなことが起こっていたんですねえ。。。

その昔、遺伝学をちょっぴりかじってた私ですが
DNAに埋められた情報で骨ができたり、決められた場所に動いたりするなんて
知識では知っててもやっぱりすごいよまおさん!

090712003.jpg ふーん

ね、なんだか進化のロマンを感じませんか?

090712002.jpg ロマンっておいしいの?



スポンサーサイト
00:39 かめのまおさん | コメント(9) | トラックバック(0)
コメント
No title
ゴーヤ大きくなりましたね。うちのゴーヤは雌花が咲いたのですが、見づらい場所に咲いたため見逃してしまい、見つけたときには花が散っていました。次に期待です。
カメの肩胛骨の記事、私も見ました。へー、という感じですね。進化というやつはいつもながら不思議なものです。
ゴーヤ!!
いいですね。
うちのゴーヤは花が咲いただけで、まだ30センチくらいのままです。。。。
どうしてでしょう??

それと、中吉ちゃんの水を汚すスピードが、半端なくなってきました、、、、!!
No title
「さーて」で始まれば、BGMはあの音楽が聞こえてきました。
ゴーヤの成長速度は凄いものですね。

カメの記事は先週末にネットニュースでみました。
本で解体書をみても、現実のみていても亀の動きって
人間や他の四つ足動物と異なるので不思議でした。
理由を知った今でも不思議ですね。
ちなみにネットで出ていた時間は短時間でした…人気無かったのかなぁ^^;
No title
はじめまして!mosaと申します。

ワタシも勤務先で緑のカーテン名目でゴーヤ君育ててます(・∀・)
成長するスピードがホント速いですよね!
しかし、行ってほしいトコロにツルが行ってくれなかったりで
なかなかカーテン状態にならずモヤモヤしてますw

まおさん可愛いです(*´д`*)。
ホルスは、やっぱ可愛いなぁ~。
わぁ!
まさに緑のカーテンですね。こんなに茂るんだー。
実も成長中なんですね。食べごろにはもうちょっとでしょうか。

肩甲骨の記事、私もネットで見ました。生命の神秘より前に、図のカメがかわいい! とか本筋と離れたところで盛り上がった我が家でした……。
オイシイのはマロンだ
う~ん、タメになる~!!!
以前、大きな水族館に行ったとき、
空中にブラさがってるデカいカメの骨をみました。
甲羅とは何かちがうな~って思いながら眺めていました。
こういう事だったんだな~(展示の説明書き読め!!)
たぶん、たつのおとしごsamaと行った気がする・・・・旦那とか?!・・・
カメ関係のお出かけはどちらかと行ってます(笑)

ゴーヤカーテン凄いです!!
うちもうどん粉病にもかからず、スクスク成長中です。
変な斑点でてるけど・・・水かけすぎの疑いです。
No title
ゴーヤー、ワサワサしてきましたね。
我が家のゴーヤーも背丈1m越えました。
依然、雌花は咲きませんが…
 
この記事はじめて知りました。
ふ化するまで、卵の中でこのようなことが行われていたのですか。
外側にあったものが内側にねぇ。不思議なことがあるものですね。
もっさり!
ゴーヤもっさもっさですね!
この前TVで見ましたが熟れに熟れたゴーヤは柿みたいな感じで旨いらしいですねー。
って、それなら柿食えって話ですかね^^;
/*コメントありがとうございます*/
>ポンスケさま
ゴーヤ、雌花が咲いたんだったらもう一息!

カメがすごいところは、数億年も前に既にカメだった、ということだと思います。
もちろん進化はしてるんですが、基本コンセプトは全く変わってないっていうのが驚きだな、と。

>なつみさま
梅雨が明けたら伸びだすかもですよ。
あとは、意外と肥料食いだそうです。
(窒素多すぎると病気になりやすいとか、やっちゃいけない肥料もあるみたいなんですが)

気温高いですからねー。
まおさんは今朝、手にフンさしてベランダのあちこちに塗り広げてましたorz

>ほり子さま
♪お魚くわえたサ・・・じゃないんですよね。
よく考えたら「さーて」は「来週の」ですから。
で、エンディングの歌を覚えていないことに気づきました。ほり子さん歌えますか?

カメの体、面白いですよね。
ベタですが首が引っ込む仕組みとか、よくできてるなあと。

>mosaさま
いらっしゃいませ。
うちも最初の頃、ツルが均等に伸びてくれなかったのですが
モッサモサになってきた頃から、勝手に隙間を探して伸びていきました。

まおさんかわいいですかえへへへへへへへへ
もうね、かわいいですよおおおおお(親バカ自重)
こんなアホブログですが、また遊びにいらしてくださいな。

>片岡美魁さま
ゴーヤの記事、また後ほどアップしますよー

図のカメがかわいいって、私も思いましたよ。
リクガメですよねこれ? ホシガメかなあ。
思わず会社で隣の人に宣伝してしまいました<おい

>akiechinさま
マロンはおいしいですなあ。モンブランとか。

甲羅の骨と外側(ウロコ)ってずれてるんですよね。
下手に考えるより絶妙な構造になってる!

関西の暑さがゴーヤで少しでもしのげるといいなあ。
んで、おいしいゴーヤチャンプルーでビタミンCとってシミソバカスにも効くといいなあ。

>ななちゃんさま
雌花、つぼみのときからミニミニゴーヤついててかわいいんですよ~
もうすぐ咲くと思うんでお楽しみに!

カメの甲羅、そういう目で見てみるとよりかわいく見えてきませんか。
かわいいなあと思ってまおさんの甲羅をなでてみましたが、当然嫌がられました・・・

>福助の主人さま
ええ、もっさもっさです。
もう向こう側が見えません。

完熟ゴーヤ、甘いんですか。初めて聞きました。
チャンプルーに飽きた頃にやってみようかなあ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。